2018年05月01日

稚鮎の煮干しでラーメンを作ってみたい!その@


どーも!
とてもとても久しぶりの投稿、失礼します!

作者が同じブログ、『日々、COBO暮らし』といい、このブログといい、更新がかなり遅くなりつつあるのですが、別に気にしていません。これからも、無理なく、投稿したいと思った時に、こうしてUPしていきたいと思います( `ー´)ノ


さて、今回、久しぶりに挑戦してみたくなっちゃいました。
何故なら、コレを頂いたから!!

1525181074742.jpg

そう、コレ。稚鮎
かる〜く、「鮎ラーメンみたいなの、作ってみたいんだよね〜。」
と言ったところ、貰っちゃいました(*'ω'*)
しかも、既に煮干しになっている!!!ありがたやありがたや・・・

わーいわーい!!!(・∀・)(・∀・)(・∀・)

でね、鮎ラーメンってゆーのはコレ↓↓↓
https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131708/13005131/dtlphotolst/1/smp2/

カナッペは、鮎ラーメンより、秋〜春にかけての限定メニューの、しょうがそばが好きだったのだけどもね。(でも、最近はトッピングとかが変わってしまったので、あまり行ってません。ぐすん!(/ω\)数年前のしょうがそばが好きだったの。)

て、そんなうんちくは良いとして!!
稚鮎の出汁を使ってラーメンを作ってみる!!
という、おかしな挑戦をしてみたいと思い立ったのであります!!


では早速、出汁を引きますです( `ー´)ノ

1525181092699.jpg

頭と内臓を取りました。
何となく、臭みが出たら嫌だな〜と思って。
昔、煮干しラーメンというラーメンを食べに行ったことがあるのですが、(何を隠そう、ラーメン好き。)
食べてみたらスープが臭い!!( ;∀;)

で、思ったんです。
こりゃあ、内臓入れっぱなしで作ったラーメンなのではないか?!って。

なので、今回取ってみました。
鰯と違うから、取らなくてもいいかなぁ。とも思ったのですが、念の為。

仕事の後の疲れた体には少々堪える作業でした(*´ω`)

1525181109830.jpg

内臓と顔を取った後、フライパンで乾煎りちう。
ん〜、何故、こんなにも頑張っているのだろうか、自分。。。

1525181136206.jpg

乾煎り後、昆布と煮干しを水に暫く浸けてから火にかけました。
干しシイタケは、植物性の旨味が少ないかな〜と思って、ちょっぴり加えてみたのです。
出汁をいただくときは、植物性と動物性の旨味のバランスも大切みたいなので。
(と、無駄にこだわる。そう、それは、全てはラーメンの為!!!)

1525181152725.jpg

じゃじゃーん!!
出汁が取れました〜。

少し味見をしてみると。。。。。

臭みもなくて、美味しい!!!(・∀・)(・∀・)(・∀・)

これは・・・ひょっとすると、かなりのヒットかもしれない!!!!
(カナッペ的に・・・)

でね、でね。
出汁をひいた後の出汁がらの稚鮎も食べてみたんです。

1525181161648.jpg

美味しい!!!(・∀・)(・∀・)(・∀・)
しかも、骨までいただける〜〜〜

完成したラーメンの上に、これを乗せたら良さそうだ♪
うしし・・・( *´艸`)( *´艸`)( *´艸`)


あー、楽しみ。楽しみだーーー!!!
久し振りに燃えております!!
そう、この燃え方は、数年前のどんぐり料理以来だ!!

こういう、おかしな方向性の挑戦!!というのがどうやら好きみたいです。


昆布の浸し時間が短かったので、続きはまた明日。
(自分の中にある知識を総動員した上での挑戦にしたい為。)


しょうがそばにするか、鮎ラーメンにするか、迷うなぁ〜。

てか、稚鮎、うま〜い!!!


続く!!









posted by カナッペ at 23:28| Comment(0) | 海の生き物を活かす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。