2014年09月08日

自家製酵母パン 〜初!トマト酵母〜

酵母を起こしてから数日。
昨夜、居てもたってもいられず、またもや自家製酵母パンを焼いてみることに。


今回は初の試み、トマト酵母パンに挑戦です。

まずは、コツをつかんできた甘酒酵母パンから。

1409甘酒3.JPG

家から帰ってきて蓋を開けて見てみると、丁度良い感じにぷくぷくしていました。

おー!!
ついつい、面白くてしばらく見つめてしまいます。

味をみて確認してみましょう。
お酒だ!しかも、発砲している。味は、薄味のスパークリング甘酒です。
自家製酵母は、飲んでも美味しいものなのですね。

捏ねている感じも、気持ちよい感じでした。


完成。

1409甘酒4.JPG

とても良い感じに思えたし、画像もまぁまぁ成功っぽく見えるのですが、
実は、あまり上手くいきませんでした。

捏ねている時にはいい感じだったのですが
二次発酵している時に生地がだれてきてしまいました。

甘酒酵母や酒粕酵母で作るとべたつき気味になるんだった。
何故か、一時発酵が終わるとべたべた気味になるんだよなぁ。
酵母の純粋性にかけるのかもしれない。

とりあえず、今のところの対処法として、
甘酒酵母と(特に)酒粕酵母でパンを作るときには
少し固いかなぁ?位の酵母を入れる。というのがマイルールなのでした。
少し作らないと、忘れちゃうんだよな。

****************

次にお初です、トマト酵母。

1409トマト4.JPG

泡もたっていたのですが、産膜酵母(上の方の白いカビ)
見た目も何となく毒々しく感じられます。
一応、味見(毒見?)をしてみたいと思います。

残念ながら、甘酒のような発砲した感じもしません。

早すぎたのでしょうか?それとも失敗なのでしょうか?
初心者のカナッペには何が成功なのかが分かりません。

ですので、とりあえずパンを焼いてみることにしました。

結果。
1409トマト6.JPG

一見すると、成功しているように見えます。
ですが、実際は生地は全く膨らみませんでした。
捏ねているときの生地も、固かった。。。

味はどうでしょう?


とにかく固いです。
失敗です。

この数時間後、どことなくおなかの調子が悪くなりました。
パンのせいなのでしょうか?それとも単なる食べ過ぎだったのでしょうか?

パン作りには、酵母(イースト)の力が欠かせないのですが、
産膜酵母は少なくとも、パン作りには適さない酵母のようです。
おそらく、パン作りに向かない酵母も増えていることが考えられます。

菌の世界は、常に縄張り争いをしているので、
パン作りに適した酵母が縄張り争いに勝たなければならないのです。
産膜酵母が生える原因に、気温が高すぎということもあるようです。。

と、そんなうんちくはいいとして、結局は失敗ということなのです。

うーん、自家製酵母作りは目に見えない生き物が相手なので難しい。
もう少し研究してから、次回に再チャレンジです。

(いつかへ)続く。


自家製酵母パン作り ブログランキングへ







posted by カナッペ at 22:17| Comment(0) | パン作り イースト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

またも酵母を起こす

おはようございます。
先日、またも酵母を起こしてみました。
今回は、いよいよ野菜や果物の酵母起こしに突入です。
いつもの甘酒酵母と、初登場、トマト酵母です。

DSCF0018.JPG
家のパンがなくなってきたので
今回はトマト酵母でもパンを作ろうかと考えています。

二日目の今日。

DSCF0036.JPG

うわっ!!
上に、白い膜がビッシリ。。。
こ、怖い。。。

まさか失敗?!
調べたところ、空気が大好きな産膜酵母みたいなので
大丈夫だそうです。

この膜が出た時には膜の部分だけとればOK。
ですが、風味はやはりおちるんだろうな。
次はビンを密閉型にしよう。

味は、ほのかなトマトの酸味。
それとほんの少し、シュワシュワと発砲していました。
しかし元気。
仕込み始めた数時間後にはぷくぷくし始めましたから。

************
トマト酵母の仕込み方はいたって簡単。
(できる限り)自然なものに近く新鮮なトマト1個を
清潔なビンに入れ、
砂糖小さじ1と、トマトがかぶるくらいの水を入れ
軽く混ぜたら完成。
甘いトマトなら砂糖はなくても大丈夫です。
ちなみに砂糖は酵母のエサになります。

**************

こちらはおなじみの甘酒酵母
DSCF0021.JPG
こちらもほんの少し発砲しています。
まだもう少し。

**************
こちらは水分の少ないどろどろの甘酒を作り、
50gの甘酒に対して200gの水を入れて軽くかき混ぜる。
*************

両方とも、毎日1回位は開けて様子をみます。
(これをしないと、中身が破裂したり、ビンがわれたりすることがあるので)

トマト酵母でパンを作ったら、
イタリアっぽい味になるのではないかと期待しています。
ピザ生地とかにいいのかな?

出来上がりが楽しみです。
がんばれ、酵母!


posted by カナッペ at 09:45| Comment(0) | パン作り イースト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月13日

誰でも作れるパン作り第16回〜白神こだま酵母編〜

久しぶりのパン作りです。


家庭菜園で頂いたローズマリー入りパン。



作り方はいつもの通りです。


これ、アロマテラピー効果がある気がしました。
捏ねるときも、
焼くときも、
食べるときも、
とにかくいい香りでした。






posted by カナッペ at 17:02| Comment(0) | パン作り イースト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。