2014年08月26日

梅干し

今更ですが、今年の梅干が完成しました!



去年、初めて梅干を作り、今回は二度目。

前回は塩漬けだけしてから土用干ししただけの白梅干でしたが、
今年はシソも一緒に入れました。


とはいうものの、
何やらバタバタしてしまい、
シソを準備する余裕がなくなってしまい、下準備済のシソを買って入れるだけ。
と、ちょっぴりズルしましたが。




せっかくなので、
お洒落なビンに入れました。
まあるいフォルムが可愛くて、
梅も潰れなさそう。

ドイツのWECKというところの保存びんです。

昔ながらの日本の食べ物は、理にかなっている素晴らしいものだけれど、
どこか地味〜な感じもある。
ので、海の向こう側。
楽しみ上手、華やかな力を借りました。


さあ、今日はこれから仕事だ!
では、また〜(^^)/


posted by カナッペ at 13:59| Comment(0) | 身近な自然を活かす 梅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

梅シロップ

こんばんは。

今回は梅を使ったシロップをレポートしたいと思います。
こちらも、大きめのビンに梅と氷砂糖を入れて置いておくだけ。

******



↑梅シロップを炭酸水で割ったもの。

【材料】

● 青梅→500g
● 氷砂糖(なければグラニュー糖)→500g

【作り方】

@ 青梅を下処理する。
梅を良く洗い、星を取り、1つずつ水気を良くふいておく。
詳しい処理の仕方はコチラ

A ビンに、
砂糖→梅→砂糖→梅→砂糖…
の順に入れていく。

B 冷暗所に2〜3ヵ月置き、砂糖が溶けてシロップ状になったら完成。

******

それにしても、ジュースを作る時って半端ない砂糖を使うんだなぁ。
酸っぱくて甘くて美味しいので夏バテにはとても良さそうだけど、
飲み過ぎには気をつけた方が良さそう。

皆様も、夏の糖分の取り過ぎにはご注意くださいませ。

ではまた〜
posted by カナッペ at 12:26| Comment(0) | 身近な自然を活かす 梅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月03日

梅酒づくり

おはようございます。

6月といえば
『梅』
5月の終わり〜6月の中頃にかけて、
関東の店先には梅と大きなビンが出回ります。
梅干作りは梅が黄色く色付いてからですので、
青梅の今のうちに梅酒や梅ジュースを仕込みたいと思います。

******



【材料】

● 梅→約500g
● 氷砂糖→300〜400g(量は好みで)
● ホワイトリカー→900cc

●ビン→上記の分量だと2L位の大きさが丁度良いです(^^)

【作り方】

@ 梅を綺麗に洗い



星の部分を取る。



A 梅を1つ1つ丁寧に拭き取る。



B大きなビンに、
梅→氷砂糖→梅の順に入れていき、
ホワイトリカーを入れる。

C冷暗所に保管する。

※2〜3ヵ月で飲めるようになる。
1年くらい置いておくと味に深みが出てさらに美味しくなる。




↑写真は1年たった梅酒を炭酸で割ったもの。
美味しかった!!

*******

【番外編】

ホワイトリカーの代わりに、他のお酒で作っても面白いです。(ただし35度以上のものが望ましい。)
カナッペの友人は泡盛に漬けていました。
こちらも美味しかった!

カナッペは今回、みりんに漬けてみました。



使ったのは『三河みりん』


みりんから糖分が作られているので氷砂糖を入れる必要がないので
下処理した梅をビンに入れてみりんを注ぐだけ。

自然な甘さの梅酒ができるのではないかと
出来上がりが楽しみです。

次回は、お子様も梅を楽しめるように
梅シロップをレポートしたいと思います。

ではまた〜(^-^)v


【生梅】梅酒、梅シロップにおススメの青梅(鶯宿梅)1kg 


posted by カナッペ at 09:52| Comment(0) | 身近な自然を活かす 梅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。