2016年12月07日

正しい糠床とは?〜糠床のリメイク〜

こんばんは。

前回の更新から丁度一か月!!
地味〜に、地味〜に更新しております。

さ、今回の記事は、もう、めっちゃくちゃ地味です!
ですが、これから、訳あって、糠床のお勉強をする必要がある為、少しずつ、糠床日誌のようなものをアップしてまいりたいと思います。
(もしかすると、糠床について、何か発見があるかもですぞ!)

てなわけで、我が家の糠床です。

15327318_1813892038873455_5632326860574611559_n.jpg

ドーン!!!!
(効果音つけても地味ですね 笑)

実はこの糠床、カナッペが作った糠床ではなく、
カナッペのお客さんのご家族が、わざわざカナッペの為に作ってくださったものなのです(^.^)有り難いのぅ。

ですが、もう何十年も漬けてるから、ちょっとくらい混ぜなくても全然大丈夫よ。という言葉に甘えて、本気で、数カ月平気で放置したりしていたんです。(ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。)

ですが、全くカビない(*'ω'*)

元来めんどくさがりのカナッペ、時々漬物が食べたくなると、思い出したかのように混ぜ始めて、切った野菜をそのままズブッと突っ込み、翌朝食べたりと、まぁテキトーな糠床ライフを送っておりました。

でね、ある時、糠床についてお勉強をした時に、教えてもらったんです。

それは、乳酸菌がちゃんと存在している糠床には、表面に白いカビのようなもの(酸膜酵母という)が生える。ということ。


おや??
我が屋の糠床、変なカビも生えないどころか、
1ケ月放置していても、酸膜酵母なんて生えないよ(*´ω`)??
だけど、結構酸味のある糠床が出来るよ。

そう、このままでもカナッペ好みの漬物の味になるので、まぁいっか〜と思っていたんです。ですが、今回、お勉強ついでに、リメイクしてみよう!と思い立ったのです。


15337396_1813892018873457_2561444908849228745_n.jpg

リメイク。ということですので、半分取っておきます。
(気になる取った糠は、ジップロックに入れて取っておいてあります。)

15317946_1813892002206792_4285391667950280243_n.jpg

ここに、入り糠と塩(今回は10%)を加えます。

15284993_1813891982206794_8826473502188006968_n.jpg

で、かき混ぜながら、耳たぶくらいの柔らかさの糠床になるくらい(=糠の重量と同量)まで水を加えていきます。

15326435_1813891972206795_625033239377259842_n.jpg

回りを拭き取ってリメイク完了です。

これで、2〜3日後(冬だからもう少しかかるかも)に白いカビ状の存在が出てくればリメイク成功です!
まぁ、上手くいかなくても美味しいので使い続けるけども(´・ω・`)


もし、お家の糠床の菌環境を変えたい時や、酸味を弱めたい時など、この方法で試してみると良いかもしれませんよ〜。

上手くいきますように(´・ω・`)


ではまた〜☆彡




ブログランキングに参加しています♪
応援してもらえたら嬉しいです(^_-)-☆


発酵食 ブログランキングへ













posted by カナッペ at 19:18| Comment(0) | 保存食 糠床 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。