2017年05月07日

野草を食らう 2017

春です。いや、もう季節は初夏です。

新しい仕事を始めたことにかこつけて、少々遅くなってしまったものの、
今年も野草には目を向けていました。
ただ、更新がかなり遅くなってしまいました。

忙しくても何をしていても、
結局毎年同じことに注目しているんだということに気づかされました。
今年は、山の中にも入ってみましたよ。

イラクサ.jpg

イラクサ。
素手で触ったら暫くしてから指がチクチクと痛みました。
ですが、棘がある植物は割と食べられるものが多い印象もあります。
調べてみたら、やっぱり!!
花粉症等に効くらしいです。

今回は食べなかったけれど、次回見つけたら試してみたいと思います。
ですが、摘む時は、軍手を忘れずに(^^)

シダ.jpg

ゼンマイ。。。的な。。。?
分からなかったので食べてはいないのですが、後程人に聞くと、シダ系は毒がないとの事。
次は試してみたいと思います。

柿の木.jpg

我が家の大家さんのお庭の柿の木です。
青々とした若葉が沢山生えてきていました。
すっかり見落としていましたが、柿の葉の葉も、春の柔らかい時期なら食べる事が出来ます。

柿の葉.jpg

庭を見るとドクダミも生えていたので採集。
実はドクダミの葉、程よいクセがあって、天ぷらにするととても美味しいんです。

天ぷら.jpg

アシタバ、ヨモギ、ユキノシタの天ぷら。
アシタバは、海岸沿いに沢山生えていました。

ハマダイコン.jpg

海岸沿いといえばハマダイコン。
去年、屋久島に旅行に行った時に初めて食べたのですが、まだ若いころの実が美味しいんです。
味も香りもダイコンしてます!ニンニクとベーコンで炒めました。

ツワブキ.jpg

ツワブキ。
まだ産毛が沢山生えている若い子をいただきました。
茹でて筋を取ってからキンピラっぽい味付けにしました。
若い子は、それ程アク抜きしなくても食べやすかったです。

いろいろ.jpg

うーん、これらは何だっけ??
あまりにも日が経ちすぎて忘れてしまいまいした(*_*;
思いだしたら書き直します。。。


と、いうわけで、今年の春の野草を食らうはこんな感じになりました。


採集して食べると、その植物のことも知れて楽しいです。
(カナッペ、食べると覚えるのです)


家の周りにある植物で食べられるものも多いので、是非お試しください〜。


では!











posted by カナッペ at 10:08| Comment(0) | 身近な自然を活かす 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

発酵コーナーのアドバイザーを担当しております。

皆さまこんばんは。

またもや大分更新が滞っておりました。


久し振りに見たら、カナッペのもう1つのブログであります、
日々、酵母暮らし。』のアクセス数が、更新していないにも関わらずにうなぎ上りでビックリしました。(世の中で、酵母ブームでも起きたの?)

少しずつ、更新していこうかと思い始めましたので、またよろしくお願いします(^^)


カナッペさん、今年の2月より、都内にあるライフスタイルショップにて、
発酵コーナーの、アドバイザー
を行っております。
お店はココです♪→http://85life.jp/

今年の3月3日にオープンしましたよ。


といいましても、お店では大抵、ぼんやりしております。
お店にある私の糠床を日々かき混ぜております。(おかげで右手はつるつる!

17155706_1857827087813283_6684685835194372293_n.jpg

ほ〜れ。


発酵に興味のあるお客様が来たり、お店にある調味料のお味見をしてくれた時、お客さんの目が開くのを見ると興奮します。素敵な感性の方に出会うと嬉しくなります。

17523677_1086177294821817_4920060435387121684_n.jpg

こんな感じで、お味噌やらお酢やら、量り売り出来るものは量り売りしてます。
蔵の味噌は、手前味噌とはまた違った良さがあることを知りました。


よかったら是非、遊びに来てくださいね〜


ではまた(^^)/



posted by カナッペ at 00:09| Comment(0) | その他 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

そして、暮らしは共同体になる〜今とこれからをゆるゆる生きる羅針盤〜 面白かった!!

こんばんは。
ここのところ、毎日のように更新は出来ていないですが、
不思議とアクセス数はあまり変わっていない、当ブログ。有り難い(*'ω'*)

この、確実に蓄積されていくところが、ブログの良いところですね〜。

さて、今日は、誰かに伝えたくて伝えたくて!!
とても興味深い本を読んだので(>_<)

そして、暮らしは共同体になる。




私たちの周りを取り巻く環境は、これからどのように変わっていくのだろう?
企業は、街は、私達個人には、一体どのような変化が求められていくのだろう?
はたまた、これからの社会をどのように生きていくと良いのだろう?

というようなことを、私達、一般人の視点に合わせて分かり易く書いている本でした。

読み始めの最初の方は、単に、最近よく目にする、
『丁寧な暮らしをしましょう』的な、現代人の現実を無視したような内容かと思いきや、
読み進めていくと、それが今では難しくなっていることをちゃんと書いてくれていました。

その日一日を丁寧に暮らす。というのって、実は、私達の心の中に、
安心感 があるからこそ出来るような気がしています。

暮らしの手帖の創刊者、花守 安治が言っていたように、
戦争は、人々の暮らしが大切に出来なくなった為に起きた。というようなことを読んだことがあって、その時は、まぁ、そういうこともあるのかなぁ。と思う程度だったのだけれど、最近は、その言葉が何となく分かるようになってきました。

人って、何となく上手くいってないような時って、
何かもう、どーなってもいいよなぁ。みたいに思う時ってないでしょうか?
私はあります(*_*;

地震とか来ちゃって全部無くなっちゃえばいいのに。
とか。あれ?私だけ??(笑)

いかに、自分の普段の日常に幸せを感じられるか?
ということが、リアルに重要になってくるのかも
しれません。

あと、もう1つ、私がそうそう!!と共感したこと。
それが、大衆的でもなく、反逆クールでもない。という部分。

自分は、大衆的か、反逆クールのどちらかと聞かれると、
どちらかというと反逆クールの割合の方が強い気がするかなぁ(;^ω^)
だけど、そこにもしっくり入れない感じはある。

反逆クールって、この本ではいわば、一般の人と私は違うのよ!という優越感みたいなものですかね。こういう部分も、多少、個人の中にもあったするかと思いますが、その行く末も書いてあって、そうなんだよなぁ。と。この箇所が最高に面白かったです。

今、お上の出してくれるのが正しい。そのまま信じましょ。という一方、
上の在り方を真っ向から否定する、私達は何者かに騙されている!!

というように、どちらか一方を否定するというのは違うよな。
ではそれらとどちらも違う感覚はどういうものなのなのだろう?
というモヤモヤをスッキリとまとめてくれたような気がします。

さらに、自分の知らない視点から切り込み、説明してくれ、なんだか、読み終わって、あざーっす!!と言いたくなるような本でした。

カナッペ、最近、本を殆ど読んでなかったのだけれど、
厚みのある本にも関わらず、1日とちょっとで読み終わってしまうほど、今の自分のニーズに合った本でした。時間のある時に、もう一度じっくりと読もうと思える本です。


暮らしに興味のある人。
自分の人生を、幸せに生きていきたい人。
これから日本や世界がどうなっていくのだろうか。
という思いのある人。

等、なかなか面白く、そしてどこか、身になる部分のある本のように思います。
何だか読み終わって、勢いだけで書いてしまいました(・∀・)


ではまた!!




posted by カナッペ at 23:13| Comment(0) | その他 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。